ロード中...

新着情報

作成日時: 2014/03/12 バイアグラ、レビトラに媚薬効果がある?

 今のところ最良のED(勃起不全)特効薬と言われている「バイアグラ」や「レビトラ」といったPDE5阻害薬に、西洋近代医学最古の性機能治療薬「ヨヒンビン」。結論から申しますと、どちらも「皆さんが期待するような」媚薬効果はありません。

 薬剤をご使用になって、「媚薬効果があった」とおっしゃる方は、血圧や心拍数の変動や勃起の効果を実感して性的に興奮した、と言えましょう。敢えて申しますと、性機能の自信を取り戻した結果、性欲や性的興奮が後から高まった、と思われます。

一般の人は、全く性的刺激がなく、性的な気分でない時にバイアグラやヨヒンビンを服用しても、意識しない限り性的な気分にはなりません。また、(かなり難しいことですが、)性的な意識を完全に忘れている間に、意に反して勝手に勃起することもありません。少し鼓動が高まり、顔が紅潮するだけです。

一方、「ヨヒンビン」は、薬学の専門書には「催淫剤」と書かれていますし、ヨヒンビンを知る人の多くは媚薬「催淫剤」と認識していらっしゃいますが、性欲そのものを亢進させるかどうかは不明です。

近年のヨヒンビン研究によると、ヨヒンビンの作用は、交感神経α2受容体の遮断作用や、セロトニンに対する拮抗作用と言われており、これらの作用が直接、性欲を亢進させるとは考えられていないようです。

なお、女性に対する催淫作用を期待して、バイアグラやヨヒンビンを女性に投与する試みは、いつの時代にもあったようですが、作用機序の合理性に疑問がありますし、実際、学術的には期待通りに成功した話はなさそうです。少なくとも私が学術文献を検索して来た限り、「女性の性機能障害に効果が無かった」という報告こそありますが、「効果がある」という報告はありません。

アングラ系の情報の中には、もっともらしい成功談やコメントを見ることはありますが、先述のようなプラセボ効果と思われます。少なくとも適法ではありませんし、リスクとコストには全く見合わないようなので、同じ予算と時間を「パートナーとの雰囲気づくり」に割く方が建設的だと思います。

作成日時: 2014/03/12 女性は顔射(がんしゃ)が好きでしょうか?

顔射(がんしゃ)とは性行為の最後に男性が女性の顔に向けておこなう射精のことで、「顔面射精」「顔面発射」の略。顔射は、「顔」に射精することによって女性が恥辱感に陥り、愛する女性の顔を精液で彩る破壊感と独占感が性的興奮を誘う行為である。

若年層世代にはアダルトビデオを性行為の手本にしている男性が存在し、顔射を本当に女性が喜ぶ行為と思い込んで行ったり、男女の性行為で当然に行なうものと誤解していたりするケースがあるとされる。

実は、顔射が好きな女性はほとんどいないので、実の性生活ではなかなかできない。対策は、本番~腹出しをイメージさせ、抜いた瞬間にできるだけ前(へそ上あたり)で発射。落下地点を顔に合わせ発射角度は30度にするといいでしょう。

一回目は、顔を背けられるので、2弾目は右か左へ発射することを想定することです。
2回目、「女性—紅蜘蛛?液体」は射精近くなるとあごを上げるようになるので、この時の射精角度は45度に設定するといいでしょう。

作成日時: 2014/03/12 本物の女性オーガズムとは?陰茎や陰核(クリトリス)の刺激

男女ともオーガズムパターンは多く存在し、多くの場合オーガズムの初期レベルは陰茎や陰核(クリトリス)の刺激によって引き起こされ、陰嚢や大陰唇など性器全体に広がる。 男性のオーガズムの場合は射精によるウェットオーガズムと、射精を誘発しない前立腺刺激を主体としたドライオーガズムが存在する。また前立腺ではなくペニスを直接刺激しながらも射精せずに何度でもオーガズムに至る事はマルチプルオーガズムと呼ばれている。ほとんどすべての男性は、思春期以後、オーガズムを経験する。

女性の自慰は主にクリトリスを刺激するのが一般的でしょう。刺激の仕方も指でいじることが多いと思います。そのいじり方もコスルのがほとんどで、トントンとたたいたり押すだけの刺激で感じることは少ないのではないでしょうか。実際に性交の場合はピストン運動が主になるので、クリトリスにはたたくような刺激が中心で、自慰の時とはかなり刺激が違ってきます。ですから自慰ではすぐにイケるのに性交ではなかなかイケないということが起きるのですね。ここがポイントです。

女性の場合はGスポットやPスポットなどと密接な関係がある。アンケート調査などでは、一部の女性はオーガズムの経験が無いといい、また一部の女性は1回の性交のなかで複数回のオーガズムを経験するという。特に媚薬を飲ませる女はエロいと言われてます。ベッド上騎乗位での腰の振り方が尋常じゃなくエロい。媚薬かけた女性は最高。

昨晩、元レゲエダンサーの肩書きを持つ女。媚薬を飲まされて顔面騎乗。レゲエ仕込みの腰使いでクリを顔面に擦り付け。呼吸困難になりそうです。媚薬を飲んで体はすでに興奮状態

作成日時: 2014/03/12 エッチで重要な媚薬、 満足度が上がるの

実際に媚薬を試してみたら、いきなり1時間も勃起がとまらなくなり、これって体大丈夫!?と思ってしまうほどの驚きでした。もちろん、すぐに彼女とのセックスに媚薬を試してみたのです。

正直、恥ずかしい話ですが、僕はセックスが下手で年上の彼女をいかせたことがありませんでした。早漏でテクニックもないってありえない???って彼女にののしられたこともあります。しかし、媚薬をセックス中に使用するようになって、いつまでもセックスを続けることができるようになり、彼女も僕をようやく一人前の男性として認めてくれたようです。

なかなか、本来の目的(媚薬)が~材料が集まらない。。。と言うのは、前回日記した、濡れ濡れの可愛い子が彼女になってくれたので、しばらくは、媚薬なんか必要なくなりました。。。(超ハッピーです)ところで、俺はEDだけど、EDになって知った事があります。エッチで重要なのは、射精?挿入じゃ無いですよ!!

俺はED(ED薬品)で遊び人してるけど、本気で好きな人には、リキッド媚薬も飲まずに、素のままのEDを出してみます。そうする事で、相手の気持ちも知る事ができます。「ハグで十分」「逢えるだけで十分」そう言ってもらえる人に出会える事が重要ですよ~媚薬って、愛にはかないません!!!!→あっこれは男性側の意見ですねぇ。

やっぱり女性は、愛よりもエッチのほうが気持ちいいのかな?女性は男性の何倍も感じるって言うし。それに、いくらED薬品で、中折れや早漏が解決できても、男性自身が気持ちよくなった訳じゃないし??? ED薬品使う事で喜んでくれるのは女性のほうかな???でも、いいんです。俺は女性が喜んでもらうためにエッチもしてますから~~でも、やっぱり、自分(男性)の満足度が上がるのは、愛のあるエッチだな!

作成日時: 2014/03/12 女性媚薬&フェロモン香水

フェロモン香水、魔法の媚薬
フェロモンは動物の体内で作られ、体外に分泌されると、同じ種の生物に性行動など本能的な行動や生理的変化を引き起こすことができる言われています。要するに、異性を惹きつける物質、魔法の媚薬のようなこのフェロモンを使って自分の魅力を引き出してみてください。

インターネット上で「テストステロン」と検索してみるとわかりますが、このホルモン「もっとも自然で強力な媚薬」と称されているほど、様々な働きが期待されそうです。まず、これは男性、女性どちらのものなの?という疑問、これは両方ともより分泌が確認されているようですが、どちらかというと男性にとって、とても大切なホルモンであるのは確かのようです。

科学的にすでに解明されているフェロモン
フェロモンは科学的にも解明されているご存知でしょうか、夢のような話ではないのです。
あの、『たけしの万物創世記』や『特命リサーチ200X』でフェロモン=アンドロスタノール誘導体と紹介し、その絶大な効果を実証していました。
本物のヒトフェロモンを使った香水は、まさに究極の媚薬にもなるのです。

フェロモン香水はこんな方にお勧め
真剣に結婚を考えている方。
異性と気軽にお話ができない方。
異性のお友達をたくさん作りたい方
恋人ができなくて悩んでいる方。
最近、恋人と別れて寂しい方。

さて、魔法の媚薬とも言われるフェロモン香水を使ってみたらいかがでしょうか

作成日時: 2014/03/12 早漏は射精障害の1つにあります

早漏は射精障害の一種ですがどうして射精障害なのか不思議に思いませんか?
射精障害の中には早漏の他に勃起はするのに射精が遅い遅漏などがありますが勃起をして射精もする早漏がなぜ射精障害なのか。
早漏はただ単に早く射精してしまうことだけではなく本来コントロールできる射精がコントロールできなくなっているというところで早漏が射精障害の一種になる理由です。
こういった理由で早漏は射精障害なのです。


ということは射精するのが早くても遅くても射精障害になってしまいますね。
射精障害は勃起不全(ED、インポ)と違い勃起はしっかりするので若い男性に多くみられます。
射精障害のひとつに膣内射精不能というのがあります。
パートナーとのセックスによる膣内での射精が出来ないというもので簡単にいえばセックスでは絶頂に達せないということになります。


遅漏とは早漏と違いいつまでたっても全く射精しないという障害です。
この膣内射精不能の原因として考えられるのはオナニーをやり過ぎてしまったことがあるようです。
オナニーのときに自分の手でペニスを強く握りすぎて絶頂を何回も迎えたことでそのペニスを握る力が女性の膣のしまり具合より強すぎて女性の膣のしまりだと緩すぎるから膣では射精できないということです。


射精できないのはとても辛いことですよね。
早漏では考えられないことである意味うらやましいですね。
早漏が射精障害に入ってしまうことが膣内射精不能の男性の方たちには申し訳ないくらいです。
早漏で悩んでいる男性の方たちはセックスで絶頂に達せることをありがたく思わなければいけません。


早漏を射精障害の一種に入れた先生たちはどういう思いで決めたのかはわかりませんが取り分け早漏の定義もしっかりしていないので順序よく決めてほしいものです。
早漏でもないのに早漏だと思い込んでしまう男性もいるので早漏を射精障害と位置づける前に早漏かもしれないと思っている男性のカウンセリングが必要だと感じます。

作成日時: 2014/03/12 日本の勃起不全、勃起障害治療への保険適用

勃起不全に関する検査・治療薬は全く保険適用を認めていないのはG7の中で日本のみである。日本泌尿器科学会等は、勃起不全検査(器質性勃起不全と機能性(心因性)勃起不全を区分するための諸検査)の保険適用を数年にわたって求めてきたが未だ適用を受けていない。


治療薬に関しては、シルデナフィル(バイアグラ)は勃起不全を適応症として薬事法上の製造承認を受けているにもかかわらず、「バイアグラは性交を可 能にするために使用されるものであって、一時的に勃起力を補助するが、勃起不全を治癒するものではなく、日常生活の質を改善するための薬剤であると考えら れるため、公的医療保険の給付対象とはしない」との判断が厚生省から示された(99年3月)。


バイアグラの発売当初、不適切な使用、保険財政への影響、安全性の問題などが世論の関心事となった。しかし、昨年4月から12月の処方状況を分析し た結果、処方を受けた患者の平均年齢は58.4歳で、基礎的な疾患・既往を有する患者が53%に達することが明らかとなった(残りの47%は処方医が患者 の疾患・既往を認知していない患者である)。


また、バイアグラ初年度の売上高は50億円程度にとどまり、安全性についても、国内の医療機関で処方を受けた患者については、これまでのところ因果関係の明らかな重篤な副作用は報告されていない。

作成日時: 2014/03/12 今回の女性用媚薬の紹介

麻薬も媚薬の一種でしょうけど、これは違法で危険です。どうしてもと言う方はその手のお兄さんを探して下さい。ここではいわゆる合法ドラッグだけを取り上げます。媚薬とはSEX時、気持ちよくなれる薬。あるいは惚れさせる(その気にさせる)薬のこと。ドリンク、錠剤、塗り薬などに分かれます。

最近少し下火になったとはいえ、「バイアグラ」騒動は記憶に新しいところです。また、健康食品にも、この手のうたい文句で売上を伸ばしているものもあります。科学的には、栄養価が高く、ホルモンバランスを整える作用を持つ成分が含まれているのではないかということ、また、一部のドラッグに見られるように、精神的ストレスを開放し性的感情の抑制を取り除くといった作用等が“媚薬的効果”として働いているものと思われます。

動物系の“フェロモン”は匂いで性的刺激を呼び起こすことは、皆さんご存知のとおりです。エッセンシャルオイルも自律神経系に作用するものですから、これに近い効果があっても全く不思議ではありません。

例えば、古来から、宗教儀式では定番として用いられている「お香」。代表的なものは、「白檀」ですね。極めてリラックスさせる効果が高いため、満ち足りた感情や幸福感を抱かせることが、宗教儀式にはうってつけだということをよく知って使っている訳ですね。悪徳新興宗教の教祖が、女性に悪さをするために使ったとか、使わなったとか・・・古今東西、こんなニュースは後を立ちません。

今回の特集は、直接的な「媚薬」効果がどの程度あるのか測定されたものではありませんが、楊責妃やクレオパトラが香りで歴史を作ったように、ハーブを中心にした香りのもたらす精神的作用で、「性的感情の抑制を取り除く」とも言われています。過度な期待は禁物ですが、毎日の社会生活で疲れた心を癒し、時には、二人の愛がより深まる時間を持てるなら、先人たちの知恵を信じてみるのもいいかもしれませんね。

作成日時: 2014/03/12 潮吹きの仕組みと潮吹きを導く前戯

潮吹きの前後は女性に猛烈な腹部圧迫がありますから、当然その時に挿入すればかなりの力でペニスを締め付けてくれます。また、潮吹きの前後は女性の身体が名器に変化する時ですし、彼女の忘我の境地を眺められる最高に楽しみな時でも有ります。

?さて、何故少数とはいえ女性の何割かが潮吹きになるのでしょうか?潮吹きの仕組みからみてみましょう。

■潮吹きの仕組み
オーガズムに至るまでの女性の身体は快感の上昇と共に、緊張と緩和を何度も繰り返しますが、オーガズムが近くなった時の身体の緊張時に凄まじい下腹部への締め付けが起こります。

その緊張が飛び抜けて強いのです、凄まじい緊張で下腹部はガチガチに堅くなり、筋肉の収縮によりすごい力で下腹部体を締め付けてしまいます。 

その収縮があまりにも強すぎて、内蔵を圧迫し、その圧迫され締め付けられた内臓が唯一の出入り口で有る膣と肛門に出口を求めて圧力となります。その内からの圧力で膣は開ききり、処女膜の残り(処女丘と言うべきでしょうが)の辺りは勿論、膣内上部のGスポットのデコボコの部分まで膣口から飛び出て来ます。

そのような時に同じ刺激をし続けていると、最後は潮吹きとなります。

■潮吹きを導く前戯
潮吹きを導く前戯は、膣前庭を優しく刺激します。尿道口と、膣入り口を優しく優しく舌先か指で撫でます。時々クリトリスを刺激します。膣がせり出してくれば、指を一本挿入し、Gスポットをゆっくりさすります。尿道口が4、膣入り口とクリトリスとGスポットがそれぞれ2の割合で尿道口を重点的に愛撫します。

潮吹きが始まると、ペニスを挿入します。ペニスを挿入したままでピストンを続ければ潮吹きは、ストップします、連続して潮吹きをさせるには、数回ピストンした後に、ペニスを一気に抜き取ります。すると抜き去ったとたんに潮吹きとなります。

これを何度も繰り返します。ペニスを抜いたとたんに噴出、抜いたとたんにシャワー!!を繰り返させます。

作成日時: 2014/03/12 愛液が不足していると起こる様々な症状

愛液が不足していると起こる様々な症状
愛液とは、愛撫などの性的な刺激によって膣壁から分泌される「ラブジュース」のこと。愛液の成分は、膣液がメインで、ほかにスキーン腺液、膣内分泌物、子宮頸管粘液、汗などとされています。舐めてみるとちょっとしょっぱいの味もするでしょう。

愛液の成分について、30年ほど前までは膣口近くにあるバルトリン腺から分泌されているバルトリン腺液だと思われていました。ところが今では膣液がメインで、ほかにスキーン腺液、膣内分泌物、子宮頸管粘液、汗などが愛液の成分であり、仕組みだとされています。

女性の愛液は、男性器を受け入れやすく、また性交をスムーズにさせるために 性的興奮をする事で濡れだして行きますが、女性ホルモンやストレスとの関係も左右し、加齢による更年期症状の一つとして 濡れにくくなるといった症状も出てきます。

・挿入が困難になります
・女性器を傷つける原因になります
・性交痛を感じ、セックスが不快になります
・セックスレスの原因に繋がります

女性は体のなかの水分が足りなくなると、濡れにくくなる傾向にあります。また、気持ちいいのに濡れない場合には、理由はいくつかあります。まず、ホルモンの関係。極度なダイエット、更年期、ストレス過多、加齢などが影響してきます。

濡れないで、ピストン運動を続けると膣内に傷がつき、そこから炎症を起すこともありますので、十分に濡れていることを確認してから挿入しなければなりません。

またピストン運動を長時間続けますと乾いてくる場合もあります。これは、愛液が興奮時の最初に大量に出され、その後分泌は減ってくることに関係があります。

この分泌量は個人差があるので、あまり心配することはなく、途中で乾いてきましたら潤滑ゼリーなどで補うことをおすすめします。乾いてからの激しいピストン運動だけは避けるようにしてください。